髪の色を変えるもの

どんな人たちに人気?

ブリーチでイメージアップを図る

ヘアカラーを使い、もとめる年齢層は大体10代から70代くらいです。
白髪染めとして、または、おしゃれに一部だけ染めたいといった人に需要があります。

これに対してブリーチの需要年層は、20代から40代です。
髪の毛の色が明るい方が若く明るい印象を与えるようです。
髪の毛の色が変わるだけで会う人の印象も大きく変わります。

今ではみだしなみとして、ヘアカラーやブリーチを進める学校や企業があるほどです。
一回の染髪につき、市販のヘアカラー剤、ブリーチ剤だとそんなに家計の痛手にはならない金額で購入ができます。
どのような用途で染髪したいのかによりますが、ヘアカラーとブリーチ、よく考えて選びたいですね。
失敗してしまうともう一度やり直さなくてはならず、手間もかかります。

ブリーチのすすめ

アーティストや芸術家と言った髪の毛の色に制限がない人は比較的明るめの染髪にする人が多いです。
赤や青など、原色に近い色にされる際は一度ブリーチをして髪の毛を漂白します。
その上からヘアカラーやヘアマニキュアをのせるんです。
髪の毛が痛むのを悩んでしまう人はヘアマニキュアを使用する事が多いです。

ブリーチと聞くと昔は若年層のイメージが強かったですが、最近は高年層にも人気のようです。
ブリーチとは、悪く言えば老けて見える白髪を増やすことです。
ですが、髪の毛の色を白髪にしたうえで上から銀色に色を入れるんです。
すると、ヘアカラーで無理やり黒にするよりも穏やかに見えて年もそんなに老けて見られないそうです。
お年を召された方には是非お勧めしたい色です。


この記事をシェアする