ヘアカラーとブリーチは具体的にどこが違う?

髪の色を変えるもの

ヘアカラーとブリーチについて

ヘアカラーと聞くとどんなイメージでしょうか? 年齢層が上な気がしますか? お手入れが面倒な気がしますか? いえいえ、どちらでもないんです。 ヘアカラーはその効果が違うんです。 一度染髪してしまえばお手入れもないんです。 あとは髪の毛のコンディションを整えるだけ。

ブリーチはこうなる

ブリーチというと金髪というイメージが強いですよね。 では、ブリーチとはいかにする作業なのでしょうか? ブリーチとは、金髪にするだけなのでしょうか? いいえ、ブリーチとは髪の毛を漂白のことです。 洋服に、食べ物やインク等の色を付けてしまったとしますよね。 その時にやる漂白と意味は同じです。

ヘアカラーをやってみよう

一度は聞いたことのあるヘアカラーとブリーチ。
では、ヘアカラーとブリーチの違いとは一体何なのでしょうか。
ヘアカラーとブリーチについてわかりやすくまとめました。

髪を染めたいなと思った際にどちらを選べばいいのでしょうか?
髪の毛の色を明るくしたいと思ってヘアカラーを買っていたこと、ありますよね。
でも、全然自分の思い浮かべていた色に染まらないなんてこともあったと思います。
では、どうやったら染まるのでしょうか。
そもそも、選んだものがヘアカラーというのが間違いなのです。
ヘアカラーというものは上から色を塗るだけです。
髪の毛の色全体を変えたい、一部にしっかり色が出ないと思うならば一度ブリーチをかける必要があります。
しっかり、元の髪の毛の色を抜くんです。
そうするとしっかり染髪されます。

では、白髪染めにはどちらがいいのでしょうか?
それは、ヘアカラーです。
白髪染めの用途として白髪をもとの黒い色に似せて隠したいという目的がありますね。
黒く自然に染めたいのならば元々の黒髪はそのままにして白髪のみに着色します。
ただ、白髪一本に一本着色していくとなると大変な手間がかかります。
なので、元々の黒い色の上からヘアカラーをのせるんです。
また、のせた色により、光の加減で白髪と黒いところに差が出る可能性もあります。
黒髪にも同じ色をのせて同光色にすることにより、光に当たった時もまとまりが出ます。

髪を染める用途によりヘアカラーとブリーチを使い分けて欲しいです。

どんな人たちに人気?

今や髪の毛の色も人様々。 実際にどのくらいの年齢の人たちに人気なのか、ヘアカラーとブリーチ、どちらを選んでいるのかをまとめました。 さらに、ブリーチは髪の毛の色を一度抜いてしまうので高年層からはあまりよく思われないでしょう。 ですが、高年層でもできるブリーチした後にのせるといい色も紹介しています。